2017年7月13日木曜日

[139] Pepe Maina - Winter Sea


Label: Nonsense Studio

Catalog#: -
Format: CD, Album
Country: Italy
Released: 2017

1 Fire 9:53

2 Mekon Temple 5:31
3 Pareidolia 6:56
4 Snakewind 5:11
5 Flying Cow 5:38
6 Molybdomancy 6:39
7 The Seven Sages 5:55
8 Tales of the World 6:41
9 Nana Cuncheta 4:21
10 Mekon Temple (Reprise) 1:51

シタール、タブラ、シンセサイザー、フルート、ギター、中国琴など多くの楽器を弾き熟す多能ぶりから「イタリアのMike Oldfield」とも呼ばれるミラノ生まれの音楽家Pepe Maina(ペペ・マイナ)。地中海プログレ作品で知られるアスコルトから発表された「ハープとフルートの歌」や、自身の住む村にちなんで名付けた自主制作盤「Scerizza」といった初期作品が特に知られていますが、80〜90年代にかけては、ナンセンス・スタジオを拠点に、数えきれない程のドキュメンタリー向けサウンドトラックや演劇・コマーシャルの音楽を制作。2000年代以降はサウンドトラックの仕事から離れるかわりにアルバム制作に専念し、時代のトレンドに流されることなく、マイペースに、しかし年1・2枚というハイペースでセルフプロデュースによる作品を発表し続けています。Jade Warriorから多大な影響を受けたというマイナの作風は、初期から今に至るまで大きく変わることなくフォーキーなプログレッシブ・ロックのフォームが基本となっており、作品はあるテーマに基づく架空のサウンドトラックという演出で制作され、一作品毎に物語性を完結させつつも、すべての作品を連ねて壮大な世界地図や絵巻物を生すかのような、ライフワーク的な姿勢も感じさせます。この「Winter Sea」は、冬の海の散歩や季節の変化をテーマとした最新アルバム。北イタリアの伝統的な子守唄のアレンジ、地中海〜アジア的スケールのメロディ、サンプルやエレクトロニクスを織り交ぜ、「Snow」「Winged Fever」「Strange Morning」といった自身もフェイバリットに挙げるアルバム同様に、ドリーミーでオーガニックなインストゥルメンタル・ミュージックをきかせる充実作です。現在マイナは、70〜80年代の未発表音源のリマスタリング作業を進めていて、それらは後に回顧アルバムとして発表される予定とのこと。


The music created by Pepe Maina here are like little wonders, pretty fantasies of progressive wonder that comes across so colorful and in touch with the fairytale side of life as well as nature. It’s so hard to describe it in a way that is justified, just think of music that takes you away into wonderland; a place on a beautiful planet where everything is gorgeous, peaceful and headaches don’t even exists!


...



2017年7月4日火曜日

[138.1] The Oddlogs




two hours post-ambient mix for The Oddlogs
thanks for your listening.

The Oddlogs
monthly show on the French Radio LYL
hosted by Aki Yamouridis

2017年7月2日日曜日

[138] Sunset Diver - SD


Label: Patient Sounds

Catalog#: PS088
Format: Cassette, Album
Country: US
Released: 2017

1 Sailing 2:57

2 Cabiria 15:30
3 Pavlava 4:21
4 Thicket 3:22
5 Sunken Treasure 5:37
6 Coat 6:53

浜辺で見つけたプラスチック製の漂流物から空想する、海の向こうの土地や、ここに流れ着くまでの道筋。漂流物は波で磨かれて小さな石と同化し、次第に砂粒に紛れて自然の中に吸込まれてゆく。深海が記憶や夢の果てなら、浜辺は物語が辛うじて形をとどめながら蓄積しているところ。ブルックリンの作家Devin Johnson(デヴィン・ジョンソン)のソロプロジェクトSunset Diver(サンセット・ダイバー)による最新作は、そんな浜辺に散らばる淡い夢の断片を想起させる、ノスタルジックでエキゾでサイケデリックなテープループ〜コラージュ・ポップの秀作。M. Sage主宰のスモールプレス・レーベルPatient Soundsより1月末にリリース。下のビデオは、Naps「Work」と同期再生を推奨したもの。


...




2017年6月30日金曜日

[137.1] Oceanic feeling




as personal memories, mixed in Mar 2017
thanks for your listening
...

2017年6月25日日曜日

[137] Stephen Scott - New Music For Bowed Piano


Label: New Albion
Catalog#: NA 004
Format: Vinyl, LP, Album
Country: US
Released: 1984
DISCOGS

A1 Rainbows Part 1 5:45

A2 Rainbows Part 2 9:04
A3 Music Three For Bowed Strings 5:35
B1 Music One For Bowed Strings 7:25
B2 Resonant Resources 11:06

1台のオープングランドピアノを10名の演奏者が折り重なるように囲み、ナイロン製の釣り糸やゴムテープ、馬蹄、ギターピック、指爪、ピアノハンマー、ミュート装置などを使って内部を奏でることで、ピアノの音響装置としてのポテンシャルを引き出した革新的ミニマル・アンサンブル。ディレクターはコーバリス出身の作曲家Stephen Scott(スティーヴン・スコット)。1969年から教鞭を執るコロラド大学で77年に結成。退職する2014年まで、およそ37年にわたってメンバーチェンジを重ねながら同大学内グループとして活動を続けてきました。スコットはCharlie Parker、Miles Davis、Thelonious Monkといったジャズの作曲家から影響を受け、クラリネットとサクソフォンを演奏していましたが、1970年代にポリリズムのドラム演奏を学ぶために訪ねたガーナでSteve Reichに出会い、また帰国した後に聴いたTerry Rileyのアンサンブル曲に感化されたことから、ミニマルな作風へとシフトしたといいます。76年にCurtis Smithによる釣り糸を使ったピアノ演奏から、「いくつかのプレイヤーがピアノの弦を同時に鳴らし、持続した和音を生み出す」というアイデアを着想。アンサンブルのための作曲と同時に、数々のツールの製作と実験、演奏方法の試行錯誤を経て、84年に初期成果の集大成として発表したアルバムが本作「New Music For Bowed Piano」。A1-B1は小刻みなスタッカートとサステインコードを往来しながら、この作曲家特有の美しい和声進行と鈍い金属質の音響をきかせるボウド・ピアノのライブ演奏。B2では釣り糸ではなく電磁石が使われ、複数の弦を共鳴振動させるという音響実験的なアプローチから、ピアノとは思えないほどミクロなサウンドを引き出しています。下の動画は、スコットの退職に際して行なわれた2014年の回顧コンサートの模様。この後半に演奏された壮大な組曲「Vikings Of The Sunrise」では、内部にさまざまな仕掛けが張り巡らされたピアノと所狭しと立ち代わる演奏者の様子を確認できますが、フォーメーション・奏法の複雑さ故の不意なたどたどしさや不安定さにともなうスリルも、観客の目耳を引きつけるパフォーマンス性の助長となっているように感じられます。


I first became aware that one could bow the strings of a piano in 1976, when I heard David Burge play a composition by Curtis Curtis-Smith. This was a solo piano work, played mostly on the keyboard but utilizing also some prepared piano techniques. One striking effect was produced by drawing nylon fish line across the strings. I was captivated by the sound and began immediately (before David's performance was over as I recall) to imagine the sound of several players bowing a piano's strings simultaneously, thus producing sustained chords. Thus was born the first composition for ensemble-bowed piano, Music One for Bowed Strings, which I completed in 1977 and performed that year with the Colorado College New Music Ensemble. It should be stressed that all of the sounds heard in the ensemble pieces are produced by the piano strings; no electronics or other sound producing devices are involved. The recordings are made "live" exactly as they are performed in concert. - Stephen Scott


...