2017年11月22日水曜日

[166] La Tène - Tardive​/​Issime


Label: Three:four Records, Les Disques Bongo Joe

Catalog#: TFR044, BJR018
Format: Vinyl, LP, Album
Country: Switzerland
Released: 2017
DISCOGS

A1 La Tardive 15:46

B1 Pa Di Issime 15:52

La Tène is a tricephale beast discharging a singular energy in which one may detect echoes of traditional music, saturated repetition, ethereal harmonics or imaginary choreographies. All of these coexist in La Tène’s music and are freed from their origins in a unique framework. The Franco-Swiss trio perform music wherein every influence, however profound, is distilled by patterns becoming themes. The goal is not to break models, but to make their existence solid, concrete, as fragments cleverly carved out of rock so as to be reassembled. There are no starting points, no ending points, no standard form structures – these all disappear as the senses encounter the first shock waves. Obstacles are erected as familiarly unknown constructions of bits and pieces remembered as replicated gestures from multiple angles. La Tène’s goal is not to rearrange or reinvent living music, but rather to groove every furrow again and again until its total exhaustion.


Alexis Degrenier: vielle-à-roue/hurdy-gurdy 

Cyril Bondi: percussions/percussions 
D'incise: harmonium indien, électronique/Indian harmonium, electronic 




2017年11月19日日曜日

[165] John Carroll Kirby - Travel



Solange(ソランジュ)、Blood Orange(ブラッド・オレンジ)、Shabazz Palaces(シャバズ・パラセズ)などヒップホップ〜コンテンポラリーR&Bのアーティストをはじめ、これまで数々のレコーディングに参加してきたLA在住のプロデューサー兼鍵盤奏者John Carroll Kirby(ジョン・キャロル・カービー)。自身のレーベルOutside Insideからリリースした初のソロアルバム「Travel」は、世界各地に息づく雄大な自然と神々の神秘、民の祈りの原風景を巡歴する現代版オムニサイトシーイング。礼拝者が集うナイル川のほとりから、インド洋に浮かぶ秘境ソコトラ、マチュピチュの高地、東ヨーロッパ、マヤの遺跡ラマナイ、モロッコの港町エッサウィラ、19世紀の上海へ──10曲それぞれが異なる時・土地をテーマに、異郷への憧憬と自身の実体験を交えた空想旅行記として描かれています。上の動画は全ての収録曲のための制作されたミュージックビデオより「Poroy Station」「Shofar」「Lamaani」。まるで深夜のフィラー番組でも見ているようなムードも最高です。


2017年11月16日木曜日

[164] Tim Story ‎- Buzzle


Label: Curious Music

Catalog#: curio -
Format: Vinyl, LP, Album
Country: US
Released: 2017 (2006)

1 Rota 5:06

2 Prelude To Biting 2:36
3 Decelerate Or Fasten 5:39
4 Vitreous 1:52
5 Monkey Builderizer 3:50
6 Pol Tees 3:43
7 Otherize 3:31
8 Dust Bale Hole 5:08
9 Cafe Kaputt 1:24
10 The Woman Singing 4:42
11 Albacranky 1:42
12 You Are Patient 4:21
13 Something Happened Here (Remix) 2:43
14 Yeh! 4:06

クラスターとウィンダムヒルの出会いともいうべき「Threads」で81年にデビュー以来、エレクトロニクスとモダンクラシカルな器楽を融合させたエレガントなサウンドで、Uniton、Hearts Of Space、Nepenthe Musicなどのレーベルから多数のソロアルバムとコラボレーション作品(Hans-Joachim Roedelius, Dwight Ashley, Andrea Mathews)をリリースし、長編ドキュメンタリーのスコアでも成功を収めているフィラデルフィア出身の作曲家Tim Story(ティム・ストーリー)。彼が2006年にリリースしたアトモスフェリックなダウンテンポ・アンビエント作「Buzzle」が、オリジナルCDから10余年を経て初のヴァイナル・リイシュー。


In 2006, those who knew Tim Story as a craftsman of elegant, understated chamber music for post-moderns may have been in for a surprise with his latest release Buzzle. The creamy cello lines and hauntingly spare piano lines that listeners might have expected were certainly in short supply. But those who dove under the surface of Buzzle’s rich and seductive electronica found much that was familiar — and very Tim Story. Story has a distinct sense of musical humor that manages to find its way onto a track or two of even his most somber and poignant work. In Buzzle, that quirky humor bubbles to the surface with regularity (as reflected in several of the track titles), relieving the dramatic tension produced by mysterious, indecipherable vocals and the curious electronic rhythms heard throughout the album. An almost subterranean thread linking these tracks is a smoky, lush abstraction that at times recalls the laconic existentialism of Portishead, Boards of Canada, and Amon Tobin. Buzzle is indeed atmospheric, enigmatic, and programmatic. But above all, it’s eminently listenable. All that Tim Story devotees love about his work is still here in spades. Originally issued in an extremely limited CD run in 2006, this first-ever vinyl release comes in a high-quality limited edition of 500 copies on double 180-gram Coke-bottle clear vinyl in a deluxe matte finish gatefold sleeve, featuring the photography of Mark Packo throughout. Also included is a high-resolution, numbered art print, signed by Story and Packo. An MP3 download is also included with the vinyl edition. 


...


2017年11月14日火曜日

[163.1] RVNG Intl. Japan Showcase Tour



今年2月にVisible Cloaks(ビジブル・クロークス)がリリースしたアルバム「Reassemblage」の透明でエスニックなエレクトロニック・サウンドは、ニューエイジというタームが新しい価値観とともに再浮上した昨今の音楽シーンの中でも、図抜けて鮮烈なインパクトを放つものだったと思います。Visible Cloaksはポートランドを拠点に活動するSpencer Doran(スペンサー・ドラン)とRyan Carlile(ライアン・カーライル)によるデュオ・プロジェクト。元々はSpencer Dのソロ・プロジェクトCloaksが母体となり、そこに00年代中頃からサイケデリックロック・グループEternal Tapestryとしても活動するRyanが加わり、現在の活動が始まったそうです。
Cloaksを知らなかった自分がその存在を知ったのは、Spencer DがRoot Blogを通じてサウンドクラウド上で公開した「Music Interior」というミックステープがきっかけでした。そのミックスは、吉村弘、広瀬豊、尾島由郎、高田みどり、細野晴臣のMedium Recordsのような、80年代に日本で制作された環境音楽やミニマル・ミュージックのレコードからセレクトされたものでした。Spencer Dは、これまで日本やイタリアの音楽をはじめ、歴史の中に埋もれた作品にフォーカスを当ててきた研究者肌のレコードディガーであり、その再評価や発掘・流通を影で支えてきた彼の影響力はとても大きいと感じています。
新作EP「Lex」のリリースを間近に控えたこの11月、Visible Cloaksと、面妖奇怪な電化民俗音楽で国内外から注目を集めるSugai Ken(スガイ・ケン)さん、さらに彼らのリリースレーベルであるRVNG Intl.のオーナーMatt Werth(マット・ワース)が帯同する来日ショーケース・ツアーが東京・大阪・新潟で開催されます。新潟公演は11月25日(土)木揚場教会にて。主催は、毎回素晴らしい企画をされているExperimental Roomsの星野さん。18才以下はエントランスフリー、県外からの来られる方へのディスカウントもありますので、ぜひこの機会をお見逃しなく。


Visible Cloaks - Lex (2017)


Sugai Ken ‎– UkabazUmorezU / 不浮不埋 (2017)

...

RVNG Intl. Japan Showcase Tour - Niigata
2017.11.25 sat 17:30 start
木揚場教会(新潟市中央区礎町通上一ノ町)

予約・お問い合わせ
Experimental Rooms

2017年11月11日土曜日

[163] Shinji Chiura - Eterna


Label: Anpao

Catalog#: ANP-3001
Format: CD, Album
Country: Japan
Released: 2013

1 Eterna 9:09

2 Dream In Dream 8:24
3 Story Of Forest 11:20
4 Angel Garden 7:54
5 Spiral Wave 7:10
6 Steps 9:33

90年代から吉村弘や岡野弘幹、アヌガマ、フランク・ローレンツェンなどの音楽を紹介してきたヒーリング音楽の老舗プレム・プロモーションがベストセラーとしてレコメンドしている作曲家・知浦伸司(ちうらしんじ)。1979年よりニューヨークでパフォーミングアートを学んだ後、ワシントン州ロペズ島の自然の中に拠点を移し、自然のハーモニーを感じながらヴィジュアルアートやモダンダンスとのコラボレーションを中心とした創作活動を展開。86年に帰国後は環境音楽やサウンドデザインの仕事に携わり、98年から現在まで八ヶ岳山麓のスタジオ=ANPAO Studioを拠点に、自身のスピリチュアル体験をベースにしたヒーリング〜瞑想音楽の創作を続けています。この「エテルナ」は、前作「フローラ」で試みたソルフェジオ周波数に基づく作曲に専念した「ソルフェジオ・ヒーリング」シリーズの第一弾作品。ソルフェジオ周波数とは、古代グレゴリアン聖歌に含まれていたと伝えられる音階。本作で採用されている528hzは、東洋精神学では第3チャクラを安定させて自己実現・解放のための道を開くとされ、近年医療の現場でもDNA修復のために使われているそうです。そんな「奇跡の周波数」とも呼ばれる528hzにチューニングされたやわらかな音色のシンセサイザーを主調としながら、日本人の琴線に触れるような懐かしさを感じさせてくれるポジティヴなハーモニーに満ちた作品です。知浦氏のディスコグラフィーのページには八ヶ岳に拠点を移した頃に制作した「Blue Forest」(初版2004年)以降のアルバムが掲載され、以前の作品は公にされていませんが、彼が80年代に手掛けたという環境音楽やサウンドデザインにもとても興味がそそられます。


...