2015年8月31日月曜日

[997.1] day

surface tension book with lake mary CD
texts for foundland

2015年8月30日日曜日

[997] John McGuire - 48 Variations For Two Pianos


Label: Largo
Catalog#: 5008
Format: Vinyl, LP, Album
Country: Germany
Released: 1987
DISCOGS


A Variations 1-28 29:50

B Variations 29-48 25:56


カリフォルニア出身の作曲家John McGuire(ジョン・マクガイア)。60年代の半ばにヨーロッパへ渡り、Krzysztof Pendereckiが講師を勤めたフォルクヴァング音楽院、Karlheinz Stockhausenの電子音楽スタジオ、ダルムシュタット国際現代音楽夏期講習、ユトレヒト大学ソノロジー研究所などで前衛音楽を攻究。アメリカに戻った後に再びドイツを活動の拠点とし、西ドイツ放送やブレーメンラジオの委嘱を受け、ミニマリズムとセリエリズムを発展させた電子音楽や管弦楽曲作品を発表しています。「48 Variations For Two Pianos」は76年から80年にかけて作曲、87年にケルンのLargoからリリースされた作品。ピアニストはHerbert HenckとDeborah Richards。1つの音型がピアノ2台で複雑に重なりあい、次の音型ではそのメロディとテンポが僅かに変わる。48種の異なる音型がメロディとリズムの均整を保ちながらシームレスに流動する、変則的な反復構造のミニマル・ミュージック。1拍目に置いた強いアクセントがシーンの切り替えのような鮮烈な効果を与えています。


...



2015年8月28日金曜日

[996] The Doubling Riders - Garama


Label: Time Released Sound
Catalog#: TRS054
Format: CD, Album
Country: US
Released: 2015 (1991)
BUY

1 Garama 5:45

2 La Pista Del Kidal 6:11
3 Ultimi Porti 5:26
4 Triboli Gao 4:45
5 Plus Nubiae 7:23
6 Oltre Cydamus 6:41
7 Djerat 5:31
8 Kaossen 6:10
9 I Graffiti Di Orione E Delle Pleiadi (Dedicato A Henry Lothe) 24:16

フォーク/アンビエント/エレクトロアコースティックなど、特殊な意匠を凝らしたハンドメイドCDを手掛けるTime Released Sound。初のリイシュー・プロダクトとして、イタリアの不定形エクスペリメンタル・アンサンブルThe Doubling Riders(ダブリング・ライダーズ)の91年作「Garama」を2エディションでリリース。中核である元A.T.R.O.X.のFrancesco PaladinoとPier Luigi Andreoni、Riccardo Sinigaglia(Futuro Antico, Correnti Magnetiche)に加え、Tomasso Leddi、Silvio Linardi(Andreolina)、Giancarlo Bigazzi、Fabrizio Croce(Militia)、Maurizio Dehò(Correnti Magnetiche)などが演奏で参加。古代リビアに高度な文明を築いたという先住民族ガラマンテスを題材に、神秘の形象を描くエスノ/エレガント・アンビエンス。


...



2015年8月19日水曜日

[995] All Around The Globe: Enno Velthuys



2010年より、ローカルと各国の音楽シーンを結ぶ主要拠点となっているアムステルダム・レッドライトのオンライン・ラジオ局Red Light Radio。その番組のひとつで、ディスコ/ジャズ/アヴァン/ニューエイジなど、知られざる作家や国ごとに焦点をあてた特集を組む「All Around The Globe」。過去のアーカイヴより6月2日放送回、同国で80年代に活動したシンセ/アンビエント作家Enno Velthuys(エノ・ヴェルジュイス)の特集。



All Around The Globe (AATG) by Rem Gow & Jorn.
redlightradio.netmixcloud / facebook

2015年8月18日火曜日

[994.1] The Wind Collector / As Witness Our Hands


新たにマスタリングした2枚組CD「The Wind Collector/As Witness Our Hands」の収録曲は89-90年の間に録音された。このディフィニティブ・エディションはスタジオ・プロデュース/アシスタント・キーボード/アレンジを務めたAlessandro Pizzinにより編集/曲順構成される。ディスク1は完全な8トラック・マスターテープから、オリジナル・トラックに加え未発表トラックと2つのインプロヴィゼーション。ディスク2はリファレンスカセットに残された5時間を超えるデモセッションやリハーサル、インプロヴィゼーションから選曲され、それらは決して完全な出来ではないが、私達の音楽に対してより広いパースペクティブを与えるだろう。録音はイタリア・パドヴァの地下スタジオで、時間や金銭的な制限のない理想的な環境の中で行われた。小型グランドピアノと優れたレコーディング機器などさまざまな設備の使用許可を得たことで、アイデアをリアルタイムで具現化できたことを覚えている。その音楽は、エレクトロニクスとアコースティック楽器、歌/ハーモニーとノイズ/実験を調和させる、メンバーの意図を映し出した。今改めて聞いてみると、お互い聞きあうことなくして単旋律を弾こうとしなかったことが明確に分かる。私達は残念ながらディストリビューションや取引に恵まれなかった。25年ほど経った今、「The Wind Collector」に新たなリスナーが現れたようだ。若いDJが書いたように、たぶん私達は無意識のうちに時代の先へ向かっていたのだろう。
(unfolk/alessandro montiの投稿より抜粋・訳)

http://windcollectors.blogspot.it/

http://soundcloud.com/wind-collectors
http://www.facebook.com/windpjt

...



The Wind Collectors - Sequence One (2015 rehearsal recorded live at AGW studio, Bootes)


2015年8月17日月曜日

[994] PFN - Akasa / Für Cleo


Label: Quiet Artworks
Catalog#: QA 09
Format: Vinyl, LP, Album
Country: Germany
Released: 1992
DISCOGS  AMAZON


A Akasa 17:37

B Für Cleo 17:03


Jim O'RourkeやJohn Zorn、Thurston Mooreらがその作風にインスパイアされたという、ケルンの実験音楽家Hajsch(ハーシュ)とMonika Westphal(モニカ・ウェストファル)による男女音響ユニットPFNが、Hajsch主宰のQuiet Artworksよりリリースした92年作。不穏な軋み、鈍く響く跫音や物音、自動記述的に鍵盤を打つピアノ、虫のようにあたりを掠めながら持続する電子音。Westphalの操作する具体音とHajschのエレクトロニクスによる前半の妖気なノイズ・コンクレートから、'Akasa'ではチェロとバイオリン、映画監督Cleo Uebelmannに捧ぐ"Für Cleo"ではサックス、それぞれ物悲しくも美しいドローン/アンビエンスへ。同年リリースされたHajsch名義の「Nagual (Für Silvio Manuel)」とあわせ、2003年にSonigよりニュー・マスタリング版「1992」としてリイシュー。


...



2015年8月11日火曜日

[993.1] scenery #8



evening

track list:
Mimir - Evening
Jean-François Vrod - La Défense Du Caïman
Bart Hopkin - Harmonic Zither & Elastic Zither
Jürg Frey - Petit Fragment De Paysage
Guy Gelem - Second Tide
Rapoon - The Siren's Eyes
Tikhie Kamni - Zemli / Crimea
In-Existence - Dry Well In A Timeless Town
Rex Ilusivii - In the Moon Cage I

2015年8月9日日曜日

[993] John Driscoll - Fishing for Sound (Berlin)


Label: Humbletunes
Catalog#: -
Format: CD, Album
Released: 2012
DISCOGS

1 A Hall is All (1986) 12:34
2 A gift für den Geist (1986) 9:18
3 Stall (1981) 23:03
4 Wafer Flats (1985) 24:03
listen sample

bio
John Driscoll is a founding member of Composers Inside Electronics and collaborated on and managed the Rainforest IV project since its inception in 1973. He has toured extensively in the US and Europe with: Composers Inside Electronics, Douglas Dunn & Dancers, David Tudor, and also as a solo performer. His work involves robotic instruments, compositions and sound installations for unique architectural spaces, rotating loudspeakers, and music for dance. He has received dance commissions for his music including: the Merce Cunningham Dance Co., Douglas Dunn & Dancers, and the Dance Construction Company. He has received numerous awards including a Berlin Residency from the DAAD Berliner Künstlerprogam. Driscoll was Manager of Arts & Technologies at the New York Hall of Science where he created an innovative Artist-in-Residence program. He also developed the first interactive computer-based exhibits in science museums titled "Science Links" and managed the development of "Sound Sensations" (an interactive exhibition on Audio Technologies) for the NYHOS. He founded Shadow Interactive Inc. which developed educational software for Classroom Inc., Shedd Aquarium, NY State Dept. of Health, and others. He worked for over 15 years with Slingo Inc. developing one of the most popular online games on AOL titled "Slingo", slot machines, lottery tickets, and TV game shows. Driscoll has lectured extensively on interactive media, sound installations, online game development, and Rainforest IV. He co-authored a paper on Rainforest with Matt Rogalsky for presentation at the Getty Museum. He holds an MFA (Sculpture) from Tyler School of Art and an MFA (interdisciplinary arts) from SUNY Buffalo. His work is available on Edition Block/Gramavision "Rainforest IV", Orange Mountain Music's "Composers Inside Electronics" - from the Kitchen Archives No. 4, "20 jahre Inventionen II" - Berliner Künstlerprogramm des DAAD, "Soundings" - Neuberger Museum (video), and he is currently preparing a CD of his Berlin works "Fishing for Sound". He is currently working on the dissemination of a self-running Rainforest V - installation version with installations in Mexico City and Governors Island, NY, and is creating a new set of performance and installation works using ultrasonic instruments. - Composers Inside Electronics

[related]
Soundbag No.63: John Driscoll - Wafer Flats, 1985
Sennheiser Geschäftsbericht 2013

2015年8月8日土曜日

[992] Nick Hennies - Work


Label: Quakebasket
Catalog#: qb26
Format: CD, Album
Country: US
Released: 2014
DISCOGS

1 Settle For Vibraphone (2-3 Players) 10:23
2 Expenditures 40:28

Work is Hennies’ latest release and first for the revamped Quakebasket label and it consists of two pieces. The first is a ten-minute solo vibraphone piece called “Settle,” which as it evolves, brings out electrifying resonances that evoke the early piano music of Charlemagne Palestine or even the lush dogma of Brian Eno and Michael Nyman. Hennies has famously explored the shapely vibrational properties of woodblocks, making them truly sing in a way that few Western percussionist-composers have, so it should be no surprise that his coaxing of metal lamellae, cylinders and sustain pedal would result in a panoply of interlocking and unfolding shapes. These shapes are patently the result of refined action – striking, damping, and measuring intervals – but reducing their behavior to stimulus and response oversimplifies the comely beauty that his instrument produces. - quakebasket

...


2015年8月6日木曜日

[991] Chris Spheeris & Paul Voudouris - Passage


Label: Epiphany Records
Catalog#: E028201
Format: Vinyl, LP, Album
Country: US
Released: 1982
DISCOGS

A1 Prism 12:20

A2 Mosaic 7:58
B1 Passage 20:50

USニューウェイヴ・シーンで捻ったファンク・グルーヴを志向していた2人が、VangelisやBrian Enoの影響からエレクトロニック/ニューエイジへ転向する、その起点となった82年作。メンバーはギタリストChris Spheeris(クリス・スピアリス)、ピアニストPaul Voudouris(ボール・ヴードーリス)。ゲストでマルチ奏者Vince Andrae(ヴィンス・アンドレ)が参加。ギターの反復と幾多のエフェクトが重なる光の覚醒A1、カラカラと竹の音が滴るディープ・メディテーションA2、清らかな光芒を渡り安息の地へ至るB1、3者の操るアトモスフェリックなシンセを基調とした40分のスピリチュアル・トリップ。84年には、Spheerisがピアノをフィーチュアしたソロ作を、Voudourisはシンセポップのソロ作をそれぞれリリースし、YanniやKitaroと肩を並べるメジャーなニューエイジ・コンポーザーとして映画や国際イベント(オリンピック、ミスユニバース)などの音楽で現在まで活躍。本作は長いキャリアの中でも初期の実験的な試みを示すもので、94年のCD再発時にはニューエイジ・クラシックスの一作として高く評価されたようです。


...



2015年8月4日火曜日

[990.1] Dimitri Golowaskin - Music For Vicious Kids




Music by Dimitri Golowaskin (1958-2015). An exclusive upload of his only cassette "Music for Vicious Kids" for pipe organ, piano & treatments(Demo City 02, 1980). Copyright is owned by Italian Records - An abandoned reissue project; thanks to Tony Pagliuca for his analog-to-mp3 transfer. -  unfolk